気づきのノートのすすめ

ルナリエがお届けする天使やエネルギー、スピリチュアル、インナーチャイルド…についてのコラムです。
今回は、とても基本的なお話『気づきのノートのすすめ』です。

大天使ミカエル

「ヒーリングを受けたり、エッセンスを使ったりはしているけれど、
スピリチュアルなことについて学んでいるけれど、
ちゃんと変化しているのかしら…?」
そんな風に不安になることはありませんか?

こうしたエネルギーの世界は
目には見えないことだけに、なかなか変化がわかりづらい、ということも
ありますよね。
そんな時にお勧めなのが、『気づきのノート』です。

ここでは気づきのノートの付け方と、
どんな理由でお勧めなのか、をお伝えしていきますね。
とってもシンプルな方法ですので、ぜひ試してみて下さいね。

気づきのノートのメソッドを利用して(?)
AngelicTwinkleでのインナーチャイルドセッションでは、
3回~4回ほど連続してヒーリングを行います。
毎回お客様に感想を送って頂きますが、
その中でご自分の内面を見つめる時間を持っていただいたり、
どんな変化が起こっているのか?を感じる機会にして頂いています。

気づきのノートの付け方☆彡

ノートを書くのに必要なノートとペンを用意します。
お気に入りのものやワクワクするものを使うとモチベーションがアップしたり、
楽しくなるのでお勧めです。

気づきのノートは日記とは少し目的が違いますので、
できたら1日の出来事を書いていくというよりも、
あなたの内面と対話して書くようにしてみて下さい。
今、私はどんな風に感じている?
どうなりたいと思っている?
どんなアイデアが湧いてきた?

私は、冷え取りのためにお風呂で半身浴をしていますので、
お風呂の蓋の上にタオルを敷いて、リラックスできる音楽をかけます。
湯船には、アロマオイルやお塩を入れて、よりリラックスできるようにしています。

リラックスできる環境が整ったら、
最近気づいたこと、どんなことがあったのか。
どんなアイデアが浮かんできたのか。
一つづつ見つめながら、ノートに書きだしていきます。

気づきのノートのお勧めポイント

自分を見つめる時間が持てる☆彡
自分の内面を見つめる時間を持つこと、はとても大切です。

瞑想などで、自分を見つめたり無になる時間を持つことも良いですが、
ノートをつけることでも、自分の内面を見つめる時間を持つことができます。
一日を振り返ってみることで、改めて有意義な一日だったことに気づけるかも知れません。
客観的になることができる☆彡
スピリチュアルな学びでは、自分はどんな気持ちなのか?を感じてあげることが大切です。
その一方で、同じくらい大切なのが『自分に対して客観的になること』です。

気づきのノートをつけるときは、客観的にあなたの状況を観察してみて下さい。
そういう意味では、気づきのノートはあなたの内面の観察日記のようなものかも知れません。
文章にして残そうとする作業でも客観的になれますし
また後で落ち着いて読み返したりする時にも客観的な視点を持つことができます。
自分の小さな変化に気づくことができる☆彡
自分の内面を客観的に見つめることができるようになると、
「以前よりも、気持ちが明るくなることが増えた。」
「以前よりも、毎日を楽しんで過ごせるようになった。」
「出会いを求めて、趣味の集まりに参加しようという気持ちになった。」
などなど…。
小さな内面の変化にも気づくことができるようになります。

私たちは、つい自分に厳しくしてしまうことが多いので、
・常に穏やかで幸せな気持ちで過ごせる。
・全くネガティブな気持ちになることがない。
などを無意識に目標にしていると、「まだまだ私なんて…。」と
感じてしまうかも知れません。
でも、気づきのノートをつけてみることで、
以前と比べて少し気持ちが変化していることに気付けるかも知れないですね。
そうすると、小さな変化を自分で認めてあげることができます♪
こうした、小さな変化を認めてあげること、ができるようになると
だんだんと変化することが楽しくなってくると思います。
長期間のテーマに気づくことができる☆彡
また、気づきのノートを読み返してみると、
数か月~1年くらいに渡って、自分の中で学んでいる大きなテーマがある、
と気づくことができるかも知れません。
この辺りについて学んでいるのかな…?と思っていても、
実はさらに深いところまで掘り下げる流れになっていたり。

そうした、自分の中の変化やもう少し長期間に渡る流れに気づくことができると、
きちんと頑張った結果が出ているという事に気づくことができます。
目に見えない何かに導かれているということにも、気づくことができると思います。