アフロディーテ・フェミニティローズ~女性性解放

<遠隔メール・スカイプ・対面>

aphrodite

女性性の記憶を癒し、女性の神聖さを思い出すためのアチューンメント☆彡
私たちをサポートしてくれるマスター達、天使達、ガイド達には各自の得意分野があります。
アフロディーテのエネルギーは“宇宙的な愛”のマゼンタ。

ガイアとも関わりが深いようで、地母神のようなイメージがあります。
ギリシャ神話などでは、あまり良いイメージに書かれていませんが…
元々はヘルメスと配偶されるなど東方起源のかなり古い女神のようです。

ケルトのイメージに魅かれ、ガイアの中に降りていった際に
マゼンタのエネルギーに包まれたという体験をしました。
特に第2チャクラ、子宮などにエネルギーが届けられている感覚があり、
その後は先祖代々受け継いでいるような女性性の痛みが出てきていました。

マリー・グレーシアライトが高次元からの光だとしたら
アフロディーテは地上に生きる私たち女性をガイアからサポートしてくれるような
イメージを持っています。
・ガイアとの繋がり。
・仙骨のブロック解除。
・聖なるものと俗なるもののバランスを取ること。
もテーマとしてあるようです。

アフロディーテのヒーリングで女性性に対しての必要なブロック解除、癒しが届けられます。

アフロディーテ・フェミニティローズについて


aphrodite

2016年7月からオリジナルワークとしてご紹介しています。
マリー・グレーシアライトから始まって3部作になっているようだ…と気づいたのが もう昨年のことです。。

インナーチャイルドヒーリングやマリー・グレーシアライトのセッションでも
自然と女性性についてはマゼンタが入ってきてヒーリングを届けてくれていました。

2012年までの2000年間、魚座の時代は男性性優位の時代だった…と言われています。
その中で、女性性の傷や痛み、閉じざるを得ないような流れというのが
自然と生じてきたのではないでしょうか。

個人的な経験だけで考えてみても
シスターとして過ごしたことによる貞節の誓い、
家族由来(おそらくは家系由来)の男性嫌い、
父親との関係を断っていたことによる、男性性と女性性のアンバランス。

個人的な数年の体験だけでも…まだまだあったと思います。
『女性が、あなたの中にある女神性を思い出していくことが必要です。』という メッセージも来ていました。
女性であることを受け入れて伸び伸びと楽しむような自然な流れができたら、
きっとパートナーシップやその他の領域も素敵な流れへと繋がっていくでしょう。

このような方に…

・女性性を癒していきたい方
・上手くグラウンディングできないと感じている方
・パートナーシップを大切にしていきたい方
・女性としての自分を大切にしていきたい方

セッション内容


伝授に必要な時間は合計45~50分ほどになります。
対面とスカイプの場合は前後のシェアリングを含めて120分程度になるかと思います。
内容は次の通りです。

☆アフロディーテ・フェミニティローズ伝授 45~50分
☆セッションレポート
  スカイプ、対面の場合はヒーリング後のシェアリングタイムで
  感じたことやメッセージなどをお伝えします。
  遠隔の場合はヒーリングをしながら私が感じたことや、
  受け取ったビジョンやメッセージをメールでお伝えします。

  •  アフロディーテ・フェミニティローズ (遠隔・スカイプ) 12,000円
  •  アフロディーテ・フェミニティローズ (対面) 14,000円
contact
※ 一度のセッションで全てがクリアになる訳ではありませんが、
  その時々に応じて必要な癒しや解放が起こります。


感想など

  個人差はありますが、かなり強めのエネルギーとして働くこともあるようです。
  ご感想は、プライバシーに関わるケースが多いのでご紹介できる数は限られますが、
  それだけ大切な部分に働きかけてくれるエネルギーなのではないかと思っています。
お申し込みはこちらです。