星読み

2023年から本格化する風の時代を前に取り組みたいこと

投稿日:

こんにちは。星読みヒーリングサロン&スクールAngelicTwinkleのルナリエです。
こちらは2021年に書いた記事を、2022年春にリライトしています。

2023年~2025年は風の時代が本格化する節目

現在は2022年3月。今から遡ること1年と少し前のこと。
2020年年末にみずがめ座で木星と土星のグレート・コンジャンクションが起こり「風の時代」に突入しました。
※ 風の時代については2020年の記事「グレート・コンジャンクション期の歩き方」も参考にされて下さい。

ここ数年、根底から在り方をひっくり返されるような流れや厳しさを感じていましたが、風の時代に転換していく分かれ目だからこその変化の波だったのだろうと思います。

グレート・コンジャンクションを迎えても、(当然と言えば当然なのですが)変化の波は留まらず、流れが激しくなっているよう…。
次々と新しい扉が開くようで戸惑ってしまいますね。。
「風の時代」の幕は開けたばかりですが…2023年から、さらに変化の波が高まっていきそうです。


というのも、時代を紡ぐ天体、広く社会に影響を与える天体が次々とサインを移動していくからです。

<時代を紡ぐ天体が次々にサインを移ります>

木星は2022年12月におひつじ座へ。
徹底的な変化、破壊と再生の冥王星は、2023年3月にみずがめ座へ。
その2年後の2025年3月には、海王星がおひつじ座へ。
新しい変化・改革を促す天王星は、2025年7月にふたご座へ…。


時代を紡ぐ・時代を彩る天体が次々とサインを移していきます。

特に、2025年3月からの海王星のおひつじ座へと移動…!(完全移行ではなく、一時滞在です。)
この前後は、かなり大きく変化が起こるのではないかと思っています。

というのも、おひつじ座は占星学でいう12サインのはじまり。スタート!のサインです。
さらに海王星は約165年をかけて太陽の周りを一周します。
つまり、165年ぶりに新しい海王星の時代に入っていく…!ということなんですね。

2023年3月から冥王星みずがめ座時代へ~社会の枠組みやシステムが変化

冥王星は”根本からの変化・徹底的な変化”を象徴します。

冥王星のエネルギーを感じて頂くために少し前回の冥王星がみずがめ座時代を振り返ってみたいと思います。歴史の勉強みたいですが^^;お付き合い下さいね。

前回、冥王星がみずがめ座に滞在したのは240年ほどの前になります!
1778年頃から1798年まで20年ほど。

その少し前にはヨーロッパでの産業革命が起こっています。産業革命で人々の働き方や考え方が大きく変化し、そうした変化が社会の枠組みや仕組みを新しいかたちへと変えていった時代でした。

具体的には王政が廃止され共和制となった、フランス革命(マリー・アントワネットが有名ですね)や
アメリカのイギリスからの独立戦争(独立後ジョージ・ワシントンが初代大統領になっています)
が起こっていきました。

つまり「人々の生活や意識の変化が、社会の枠組みや形になって表れてくる」のが、冥王星みずがめ座時代なのだと思います。
いま私たちは、それだけ大きな時代の転換期にいるといえそうです。

240年前は「産業革命」が中心にあったのだと思いますが、今回は「インターネット革命」がポイントになりそうですね。
「意識の変化(進化)」もポイントになりそうだと思っています。SDGsというワードを聞く機会も増えています。関心が高まっている持続可能、サスティナブルな社会の仕組み、などに顕れていますね。

この変化が社会の構造を徹底的に変えていく…のが2023年から、と言えそうです。

ここ数年でも変化せざるを得ない大きな力を感じていますが、それが目に見えての変化に繋がっていくのでしょうね。混乱や衝突なども予想されますね・・・。。

なかなか厳しい時代になりそうだな、と感じます。

2020年年末からスタートしている「土星みずがめ座時代」は、その先駆け的存在。
これだけ大きく変化が起こっていますが、まずは「風の時代」に入っていくための土壌作りの段階と言えるかも知れません…!

海王星うお座時代の特徴

そんな、風の時代が本格化する2023年を前にして。改めて海王星うお座時代をみて行きたいと思います。

海王星も太陽のまわりを1周するのに165年という時間がかかります。うお座に滞在するのは2011年~2025年3月。
現在は2022年3月ですから、海王星うお座時代の終わりまであと3年というところ。

海王星はうお座の支配星なので、本来の位置・自分のホームに戻ってきてエネルギーが高まります。
うお座らしさが発揮されていきます。

あらゆるものの境界を外していくのがうお座なのですが、スピリチュアル、精神、癒し、ふわっとしたもの、お酒やドラッグなども海王星の象徴です。
松村潔さんは「どこにも何物にもとらわれないで自由に行動する人が増える」と仰っています。子供世代など今の若い人たちを見ていると自由な観念を持っている人が多いなと感じています。

「共感力」もうお座らしいですね。
先日テレビを見ていたら、中高生女子の間で「エモい」(エモーショナルで、感情を揺さぶられるということ?)という言葉が流行っているのだとか。

優しさや、平和を願う気持ち、などもうお座らしさを感じます。
現在の痛ましいウクライナ危機の中でも、支援の輪が広がったり、国を超えて平和を願う気持ちを感じることも多いですね。

ネガティブな意味では、脱力系、や現実逃避、などとして現れることも。

「社会常識」や「国」や「時代」などあらゆる境界を越えて、ふわっと繋がれる・共感できるのがうお座らしさ、と言えそうです。

<本格化していく風の時代の前の浄化期間>

広く占星術で言われている事は他のサイトさんにお任せするとして、ヒーラーとしての観点から。
風の時代の本格化を前に海王星うお座時代が必要だったのだろうなと感じています。

スピード感のある風の時代のエネルギーは、意識転換やバージョンアップを求められることが多いですよね。
特に女性は苦手…と感じる方も多いのではないかな、と思っています。天体のエネルギーに促されていても、何となく…では波に乗っていくことは難しいかも知れません。

必要な事に取り組んでおきたいところ。

では、何が必要か…

海王星うお座時代のポイントはやはり、激動の時代に備えての「癒し」と「浄化」なのだと思っています。

2022年現在は、木星がうお座に入り、特にうお座のエネルギーが高まっています。
Arganzaジェネシスの観点では。Amariさんが昨年に続き、2022年は「レムリアン・イヤー」と仰っています。
つまりレムリア期のような、古いカルマ・癒しが必要な部分なども動きやすい時期になりそうです。

海王星うお座では、加速する「風の時代」のスピード感に乗っていくために2つの事に取り組んでおきましょう…!

  • 動けない原因になっている感情的な傷や痛み、ブロックなどをクリアにする
  • 導きや変化の流れに乗っていけるよう自分を整える(変化への耐性を持つ)

<風の時代だからこそ、必要なこと>

うお座の「繋がる力」が強く働くが故に、なんとなくで流れに乗ってしまう…という事もありそうかなと感じます。
情報とどう繋がるのか、ということや、自分の意志や意見を持つこと、も大切になりそう。
これはもう、コロナ禍や現在の世界情勢などを見ても切実に感じています。

風の時代らしく
「意識やマインドをアップデートしていく、鍛えていく」ことも必要なのだと思います。
風の時代はマインドも大切になってきますからスピリチュアル業界も大きく変わりそう。。ふわふわっとしたスピリチュアル、は減少していくかも知れません。


※ 私個人の話で恐縮ですが…10年ほど前、2011年4月から海王星はうお座に一時滞在をしていました。
海王星うお座時代の、先駆けのお試し期間のようなものですね。
まさにそのタイミング、2011年4月からモニターリーディングを開始して、9月にサロンをオープンしていました。
全体的にエネルギーが動くときには、個人のエネルギーも変化しやすい、せざるを得なくなる、のだと思います。
過去の出来事を振り返ってみると、どんな影響を受けていたのか発見があるかも知れません。

-星読み
-, ,

Copyright© mariadrops , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。